総合カタログ

連鎖形圧着端子

ニチフ連鎖形圧着端子は、従来の単品端子に代り、端子を連鎖状につなげることにより大量結線を実現した端子です。この端子はコストダウンをはかるばかりでなく、安全性を高め、信頼性をも向上させたものです。種類としては、丸型(被覆押え付、被覆押えナシ)、平形(単極、多極)、ギボシ形が備わっており使用用途に合わせてご使用いただけます。

仕様

材料

黄銅 (電気すずめっき又は防錆処理)

ご注意

アンモニア雰囲気中では使用できません。

特長

特長

丸型は最も基本的な型状として知られており、大量結線によるコストダウンが特に期待される端子です。又、このタイプは電線芯線部と共に被覆部分も同時に押さえる為、振動、張力等にかなりの抵抗力を持っています。

特長

前記端子よりさらにコンパクトさを要求されるところでの接続に向いており、主に強い振動や張力のかからない機器内に使用されます。取付ネジはφ3mm、φ3.5mm、φ4mm、φ5mmがあります。

特長

M形(雄形)及びF形(雌形)による中間接続又は、タブ形状の端子台等に使用されます。サイズは110シリーズ、187シリーズ、250シリーズがあり、タブ厚は0.5mm用と0.8mm用が備っています。

特長

M形(雄形)及びF形(雌形)による中間接続用として用いられ、自動車配線用として欠かせない製品です。

品番構成
品番構成